第133回

よし、今日もMOKSALレポートのご愛読、ありがとーございます。今日の言葉は、 この人で行こう! ご存じKINGカズこと三浦知良選手~ パチパチパチ~

『人生もサッカーも量じゃない。質だ。シュートの練習もそう。2000本打と うが、ただ打っているだけだったら上手くはならない。30本でも1本1本気持 ちを込めて集中したほうが断然上手くなる。』

お分かりだろうか、つまりMOKSALだって量じゃない! いや、参加回数が多いに 越したことはない。何が言いたいかというと『集中する』ってことさ。もちろ ん、エンジョイフットボールに違い無いわけで楽しんでもらうことが当たり前な んだけど、ここはもう一歩前進して緩い中でも『集中する』ことを楽しみたい。

矛盾して聞こえるけれど、有名なあの暴走マンガ、頭文字D(しげの秀一著 45 巻)より、チーム・スパイラルの池田 竜次と死神GT-Rと恐れられた北条 凜の会 話を紹介したい。

ちょっと長いぞ!

池田「走りを楽しむという概念は、ドライバーのスキルによってそれぞれ違う。 ゼロ理論では楽しむという感覚はレベルの高い状態なんだ。(中略)多くのこと をコントロール出来るスキルがあってこそ、プレッシャーや緊張感に飲み込まれ ない余裕が持てる。その余裕こそ、楽しむということと同義語だろう。オレはそ う考える。逆に言えば心に余裕を残せている状態で無ければヒトの脳というのは ベストなポテンシャルを発揮出来ない。(以下省略)」

北条「オレの真意は…! 目の前にいる相手に絶対負けないという気持だ。(中 略)高いスキルをもっている二人だからこそだ。(省略)頭で考えるべきことは すべて走り出す前に終わっていることだからな。スタートしてしまえば、もう しゃにむに攻めるだけでいい。(以下省略)」

池田「あまりにもリスキーでオレは好きじゃない。」

北条「しかたあるまい、それが峠だ。峠が楽しいというのはそういうことだ」

お分かり頂けただろうか? それがMOKSALだ。MOKSALが楽しいというのは、そう いうことだったのだ~!

何より集中している時ほど事故や怪我も少ないくて済むでしょう!

◆◇◆

国慶節前、最後のMOKSALは15名にお集まり頂きました。 パフ=3 パフ=3 パフ=3

15名集まれば3チーム回しが余裕です! そして今日のMOKSAL何かが違う、って いうかいつにも増してボール回しが早い!! 右、左、R, L, L, Rと周り巡って 余裕のフィニッシュ。狭いながらもしっかりディフェンスに戻らなければゴール 前でたちまち人的不利を招き、マンツーマンだって、ゾーンだってほぼ無意味。

運動量を要求される本日のMOKSAL、足元への正確なパスに正確なトラップ、ス ペースへ走り込む意識、これらが合わさったとき一つの芸術作品とも言うべき、 ゴールが生まれる。

というわけで、思う存分フットサルを楽しんだ9月末。

球蹴り is my Life!
MOKSAL to the World!

◇◇◇

(お知らせ)
◎9/29と10/6のANNEX 10/1のMOKSALは、国慶節でお休みです!

◎MOKSAL T&Tプロジェクト事務局員募集!
◎MOKSAL 集まれMOKSAL GIRL! 女性参加者(気持だけ)優遇!
◎毎週火曜日 MOKSAL ANNEX あります!
今すぐチェック! ⇒  http://plaza.rakuten.co.jp/xingqi2/
◎MOKSAL/ANNEXへのお問い合わせはこちらまで
⇒ info-moksal@c-futsal.com

[好評発売中]
※MOKSALユニ  300元(ご希望ネーム、背番号、サイズに対応)
※MOKSALウェア 400元

—————————–

20150924              ※敬称省略 左から右へ
後列 : 山本(初)、小松、井浦(初)、三島、宮川、胡、金井、荻原、金、桑原
前列 : 佐藤、押江、瀬尾、山根
撮影 : 早崎

COOLCORE杯 楽SPO第10回華東地区フットサル大会 2015年9月19日

COOLCORE杯 楽SPO第10回華東地区フットサル大会 2015年9月19日

晴れた、大快晴!雨男のSさんが居ないから晴れたんじゃないの〜 って噓か本当か。
前大会に続いて、快晴の中、第10回フットサル大会が始まりました。エントリーチームは17チーム。ちょっと変則的な予選リーグで4組に分かれて予選を戦いがスタート。今大会も、我らMOKSALグループからは、3チームがエントリー。MOKSALは独裁制ではございませんので、日頃他のチームで活躍されている方も、広い心でお迎えしております。ということで、上海の某おじさんチームとその兄弟チームを巻き込んで、チーム編成をしました。

  
〜チーム「MOKSAL Original」の巻〜

予選1 鉄人戦 0-1敗戦
今思えば、初戦が全てだったねえ。。。
ワールドカップも予選の1戦目が大事って言うじゃん。初戦敗退したチームの決勝リーグ進出率が低いとか。いやあ、その通りです。試合前から守備が大事だって意識はあったんだけど、混戦の中、強いボールが飛んで来ると、ゴレイロもよく見えずにポコッと入っちゃうんですよね。
そんで、後半で追いつこうと早崎キャップのロングシュートがゴールポストを叩いたんだけど、女神はモクサルに微笑まず。痛い痛い勝ち点ゼロ。

予選2 MENINO FUTSAL戦 0-2敗戦
大会常連チームのMENINOさん。見た目からもそりゃ上手いわ、って圧倒的な威圧感。守って守って、虎の子の1点を取りに行くしかないって思ったもんで、御大の金次さんのゴレイロ座をお譲り頂き、守備からの速攻作戦で戦いに挑んだ。が、が、が、、、あっさり前半2分で、ディフェンスの股の下から抜けたグラウンダーシュートで失点。後半は何とか0点で抑えたけど、カウンター作戦実らず、連敗。

予選3 サルッターズ戦 1-1敗戦
ゆかいな名前の相手チーム。女性もいて、モクサル同様にフットサルを楽しむのがコンセプトか。これは絶対負けられません。すでに予選敗退を決定している両チーム、もはや勝利と言う名前のご褒美を持って帰りたい、今晩の酒の肴にしたいというその思いで、挑んだ一戦。実力はモクサルが上か、ボールをどちらが上手く運ぶかというより、どちらがミスが少ないか(まともに蹴れるか)という勝負になりました。先制したのはモクサル。チームの若大将31歳山本くんが若々しいグラインダーシュートでゴーーール!
このまま逃げ切って、気持ちよく勝ち点3ゲット〜〜って思っていると、ミドルシュートをゴール右隅に決められ、まさかの同点に。ゴールの位置がズレてたんで立ち位置が悪かったんじゃよ、、とゴレイロ矢野の言い訳はむなしく。。 結局、勝利は届かず、勝ち点1で予選終了。

下位T1回戦 中上FC戦 0-5敗戦
下位チームトーナメントで優勝するのが一番おいしい。って、この大会の常識。そう、予選リーグ敗退しても、自分たちを慰めモチベーションを保つ最高のいい訳!だから、午前の試合はすっかり忘れて、午後から仕切り直し!って出来ればよかったんですが、やっぱり引きずるんですねえ。足が重く動きが悪いモクサルは、なかなかボールを前に運べず、気づけば前半で0−2に。後半の大逆転を狙って、強引に前に進むが、手薄くなった守備をつかれて、失点。最後はだめ押しで女性にボレーキックを決められ2失点。ジ・エンド♪

38度線に向けて、歩伏前進!

「いや〜、まさかあそこからボレーを打つとは思わないでしょ」

〜チーム「MOKSAL48」の巻〜

二日酔いの大田選手と、元々参加予定ではなかったらしい大野選手、2人を欠き、当日、前回チーム全得点を叩きだした浜選手を緊急補充。
PuresからバリバリSuper世代の中野選手、新規加入の永田選手、浅野選手が参戦し、お互い初対面に近い7名で、まずは1勝を目標に試合に臨む。

予選1 SS-haps戦 0-2敗戦
事前に強豪との情報を得ており、欲を出さず、失点を2点以内に収めようと、試合前に守備の意識を徹底。
一瞬の隙に2失点するが、守備が崩されることもなく、プラン通りの滑り出し。

予選2 綿花戦 0-1敗戦
相手チームは、パンフで未経験者チームと紹介、これは何としても勝点をあげたいところ。
ところが始まってみると、相手チームには、ZOOの選手も見られ、パンフの紹介は何だったのか。
崩されることもないが、ゴールも遠い状態が続き、スコアレスドローで終わろうかというところ、終了間際に失点してしまい敗戦

予選3 FC CORCOVADO戦 0-2敗戦
下位Tの1回戦を楽に乗り切るために、3位を確保したい、そのためには、この時点で、勝つしかなく、攻めに出ざるを得ない状況に。
幾度もチャンスを作るが、フィニッシュが決まらない。そうこうしているうちに、裏をとられ始め、前半、相手のミスキック気味のシュートに、GK新山のポジショニングが悪く、ゴールを許してしまう。
後半もミスから失点し、4位で下位Tに。

下位T1回戦 オトクリ戦 1-2敗戦
昼食休憩をはさみ、若干グダグダなムードで試合開始。
開始直後は、相手が主力を温存し、何度もチャンスを作るが、ドフリーな新山がだふってシュートを外すなど、この試合もゴールが遠い。
その内入るだろうとのムードの中、油断し失点を喫してしまう。直後、中野選手が、遠目から、ゴール隅に鋭いシュートを決め、ようやくチーム初得点。
押せ押せムードになるが、徐々に相手が主力を投入しだし、またも失点。そのまま終了~

48のみなさん、お疲れ様でした。
目標の1勝は叶いませんでしたが、また次回も楽しくやりましょう!

〜チーム「MOKSAL Pures」の巻〜

メンバー:伊藤、横田、釜澤、神谷、李、かずき、齋藤、奥田

心地よい空の下、精鋭たちが集まって・・・って、開会式 5分前でメンバー 2名足りん!?初戦はゆっくり外から見てよ~と企んでた坊主頭からジットリ嫌な汗が・・・

<今年はちょいと違うぜっ!な予選ブロック>
①オトクリ戦 3-0勝利
なんとか全員揃ったけど、前半はチャンスで決めきれずでスコアレス。後半にかずき&神谷っちが立て続けに決めて、ナイスな滑り出し!

②バーミアン戦 6-0勝利
齋藤の舐めるボレー炸裂!あんな嬉しそうな彼は初めてやで、ホンマ。相手の静かなプレースタイルを横目に、うちのチームは外野からのガヤがウルサイw。でもこれって大事でしょう?相手プレーのことはとやかく言わずに、外からも内からも声が出る時って、ホント良いプレー出るんだよね。

③串丁戦 0-1負け
なんかよくわからんうちに時間が過ぎてった。終始うちのペースに持っていけなく、監督反省 (´・д・`)ゞ

④TAJIMA 戦 7-1勝利
なんか李くんが開花してきたぞ!ゴール後にすんごいドヤ顔w 大量得点や~

予選ブロック一位通過だ YO!一敗してからの勝利でチームが盛り上がって、こりゃイケるぞ感。 TAJIMA戦後に齋藤から一言「(釜さんが最後失点したんで)結局、予選は 2失点ですね」とありがたい総括をいただきました。お昼からも熱い試合をご期待ください!

<真っ白に燃え尽きた一部決勝トーナメント>
もーねぇ、ここからはアドレナリンやらドーパミンやら全開だったんで記憶が曖昧です。その晩の打ち上げ会で飲みすぎたせいもありますが。
初戦! 鉄人戦 2-1勝利
このチーム、予選から見てたけど、対戦したくねぇなぁと思うナイスなチームです。それでもって昼メシ明けはやっぱりつらい。唐揚げがリバースしそうなくらい前半に頑張ってくれたおかげで、後半に先制!つづけてもう一発!一点返されたけど勝てました。この勝利は嬉しかったぁ~♪でも徐々に疲労の跡が見られるのだ・・・

準決勝!! 串丁戦 2-0勝利
何も言うまい、勝った!

ファイナル!!! MENINO 
まさか決勝の舞台に立てるなんて・・・って、実はそんなこと思ってません。今回は優勝したろか、と大会前から仕事休憩中にポジションを考えてました。
いざ出陣!相手はミッチー率いる MENINO。このチーム、昔から強いんだよなぁ。でも、みんな集中してましたよ、 Pures。神谷っちがワンチャンスを逃さず決めたし、後ろからも声出して守りも堅かった。個では負けてるけど、組織で戦うスタイル。 Puresが取れば MENINOが取り返すシーソーゲーム!だけど終了間際に追いつかれて、延長 Vゴールが無情にも突き刺さり、3-4で負けたーーーーー!!!悔しいですわ、ホンマ。ナイスゲームって素直に思えない自分がいました。

実は私、準決勝で試合の流れを変える貴重なミドルを決めたんですが(控えめに言ってます)、そんな記憶よりも決勝戦のファンブルミスからの失点が何度もフラッシュバック。お陰様で打ち上げ会の酒が進む、進む・・・

とにかく、このメンバーでやれて終始楽しかったです。もうチョットうまくなりたいっていう気持ちが芽生えました。いやぁ~、スポーツって本当に素晴らしいものですね!

打ち上げ会は、協賛店の「岳GAKU」で飲みました。おでんが美味しいお店です。
http://www.rakuto.net.cn/shop/gaku

やっぱり、準優勝のチームは酒が美味しいよね〜。未勝利2チームは静かにグビグビ。
次回、めざせ1勝利。

第132回

やはり、ここはフットサル/サッカーを志すものの集まり。ってことで、うんち くぼやくならそれにしとけ、第2弾! 『ディフェーンス!』

ディフェンス方針とは、本来チームによって異なる。それはメンバーの技術や能 力もそうだし、対する相手の戦術にかぶせることもあるだろう。現代のディフェ ンス方針はだいたい大別すると3種類と言われている。

1)マンツーマンディフェンス
ディフェンス一人が相手チームの一人をマークし、ボールを奪うまでは基本的に 同じ人をマークし続けるもので、サッカーとは異なり、フットサルでは特定の マークマンを決めない(つまり、フットサルの方が人の出入りが流動的)もの の、フィールド内の一人を捕まえていくことは同じ。

よく言われることに、マンツーマンだと個々の役割がはっきりするので、チーム メイトが流動的な場合の基本のようです(急造チームってこと)。ただ、マーク につく相手、つく人の実力差がゲームバランスに影響してくるので注意が必要。 マークにつかれる側は、当然ながらマークを振り切ろうと動くわけで、最後まで マンツーマンというのは、普通はあり得ないし、やりきるには相当な体力が必要。

2)ゾーンディフェンス
約束事で作ったりしたフォーメーションでゾーンをディフェンスするやり方。個 人の差を組織的に埋めると言えば聞こえが良いかな? チーム内で攻められた時 の対処法があらかじめ決められているわけで、そのポイントに向けて組織的に追 い込んで行く動き。この間、マークの受け渡しやカバーリングなどをスムーズに 行おうとすれば、練習の積み重ねによる意思疎通は大事でしょう。どちらかと言 えばサッカーならば当たり前~。テリトリーを動き回るのだからマンツーマンに 比べたら体力はかなり温存できるはず。

けれどコートがサッカーに比べて狭く、またプレースピードが早いフットサルで は意思疎通のズレが生じやすく、失点に繋がってしまい易いこともあるね。

3)マッチアップゾーンディフェンス(バスケットボールで言うところの)
マンツーマンとゾーンの両方の良いところを融合させたような発想。近代サッ カーでも当たり前。要するにポジションによって該当する相手プレイヤーのマン マークに付きつつ、空気を読んで、流れる相手をゾーン毎に受け渡したり、最後 までチェイスしたり、いわばチームとしての共通認識、意思疎通を主とするトー タル的なディフェンスなんだろう。

ディフェンス双方のメリットを引き出すにしても、プレイヤー個々の理解度やコ ンビネーションの熟練度を得るには、長い時間を一緒にプレーしたり、練習した り、かつお互いがお互いのできること、できないことを知らなくては難しいだろ う。未熟なまま、この体制に入ればディフェンス双方のメリットではなく、短所 を伸ばしてしまい、中途半端なディフェンスになることになっちゃ~うよ。

※以上は、私の独断と偏見のもとに書かれている部分もあります。

MOKSALでは基本的にマンマークを推奨しております!

◆◇◆

19人で4チーム回し! それが本日のMOKSALでした。ちょっと最近アップをサボ りがちではありますが、そろそろ涼しくなり始めるので、開始前のアップには少 し時間をかけたい感じです。間接を伸ばしてけがの予防、筋肉を動かしてほぐ し、そして肝心なのは心拍数を上げて体全体に運動の準備をさせることです。

週末の楽SPOフットサル大会に向けて、いい準備ができた…ことでしょう~

球蹴り is my Life!
MOKSAL to the World!

◇◇◇

(お知らせ)
◎9/29と10/6のANNEX 10/1のMOKSALは、国慶節でお休みです!

◎MOKSAL T&Tプロジェクト事務局員募集!
◎MOKSAL 集まれMOKSAL GIRL! 女性参加者(気持だけ)優遇!
◎毎週火曜日 MOKSAL ANNEX あります!
今すぐチェック! ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/xingqi2/
◎MOKSAL/ANNEXへのお問い合わせはこちらまで
⇒ info-moksal@c-futsal.com

[好評発売中]
※MOKSALユニ  300元(ご希望ネーム、背番号、サイズに対応)
※MOKSALウェア 400元

—————————–

20150917

※敬称省略 左から右へ
後列 : 瀬尾、押江、佐藤、李、胡、金井、宮川、堀井、市川、奥田
中列 : 浅野、金次、山下
前列 : 林、小松、松本、矢野、宇野
撮影 : 早崎

以上

第131回

いや~ やっぱりフットサル、サッカーなわけで、どうせ名言を上げるならば サッカー選手にしなさい、と誰かが言った。というか、MOKSALレポートの原稿を 打ちってるところで、直上遙か遠方より某かのお告げが一束の閃光と共に飛来 し、頭頂部より体内へ進入、そのまま全身を突き抜けて行ったばかりの事。

というわけで、心に残る一言として、僕ならばこれを上げる。

「今を戦えない者に、次や未来を語る資格はない。」

言わずもがな、イタリアの至宝 ロベルト・バッジョ(Roberto Baggio、1967年 2月18日 – )先生のお言葉である。実は、この名言、以前もMOKSALで書いている ような気もするんだけど、まぁ、良い言葉は何度聞いても良いよね!

今を戦っていますか?! 仕事、恋愛、家計などいろんなもんと向き合っている と思いますが、妥協したり、流したり、ましてや最初から白旗振ったりしていな いですか?! 負けるが勝ち、日本にはそんな諺もありますが、先生のおっしゃ る戦いとは単純に勝ち負けで語れるもんでは無いと思います。つまり『諦める な』と。

そこのあなた、MOKSALに来る事すら諦めていませんか?! まずはMOKSALに参加 して、身体と精神をリストラクチャー、今を一緒に戦いましょう!

◆◇◆

本日は18名の皆様にお集まり…あ、開始前に1名がナンパされて残りは17名!  我らがアイドルをナンパした某カ..、分かっているよな~! あの大会で優勝し ないとお仕置きだぞ!

というわけで、17名となり、4人3チームの5人1チームで総当たり、5分回しの ゲームを約3巡楽しみました。だいたい木曜日に身体を一度動かしておくと、筋 肉的にはその後の金曜日を休むことで、超回復! 土日に向けての準備に打って 付け。

MOKSALではボールをガンガン回すゲームがほんと多くなった。この狭いロンヨン コート中でまず正確なパスが通せること、そしてトラップしてボールをコント ロールできること、これらが噛み合って始めて狭い中をパスワークで突き進める わけやね。

狭い狭いと連呼してるけど、何より狭い分、ボールに触れるチャンスが多いわけ で、だからこそもっとサッカーが上手くなりたい人にはオススメなわけやね。ま た人との距離が近い分、咄嗟の判断が必要となるけど、そこを経験的にいろいろ な予測の中で動けるようになれば、どこでボールを蹴るにしても、ボールを持っ た時に慌てなくなるよ~ん!

もちろん、楽しく蹴る事が本命、だけどちょっぴりスキルアップを目指している そこのあなた、毎週火曜と木曜はロンヨンコートに集まれ-!

球蹴り is my Life!
MOKSAL to the World!

◇◇◇

(お知らせ)

◎楽スポフットサル大会にMOKSALから3チームが出場します!
◎MOKSAL T&Tプロジェクト事務局員募集!
◎MOKSAL 集まれMOKSAL GIRL! 女性参加者(気持だけ)優遇!
◎毎週火曜日 MOKSAL ANNEX あります!
今すぐチェック! ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/xingqi2/
◎MOKSAL/ANNEXへのお問い合わせはこちらまで
⇒ info-moksal@c-futsal.com

[好評発売中]
※MOKSALユニ  300元(ご希望ネーム、背番号、サイズに対応)
※MOKSALウェア 400元

—————————–

20150910                              ※敬称省略 左から右へ
後列 : 大久保、藤吉、小松、中江、小川、永田、林、大田
中列 : 胡、大高
前列 : 山根、嶋倉、宮川、道又、中野、押江
撮影 : 早崎