第40回

いよいよ2013年も残り2ヶ月となりました。思い残すことが無いように一回一回、魂を込めてボールを蹴りましょう!

気になるMOKSA出席数ダービーの状況ですが、同数一位12回 2名、同数二位11回 2名、三位10回 1名、同数四位9回 4名、五位8回 1名の混戦状態です。残すところMOKSAL2013も後7回、現在5位くらいまでが上位圏内と思いますが、まだまだマジックは点灯しておりません。

尚、上位3名様にはMOKSALから「お?!」な商品を準備中です。乞うご期待!!(同数同位などで3名様を越える場合は、PK戦にて権利者を確定致します)

さて、本日のMOKSALは15名、ゲームは5人3チームでほどよく回しました。徐々に寒くなってきていますので、アップは十分に行いましょう。冬期は大きな怪我というよりは、筋であったり、関節であったり、内面を微妙に傷めて仕舞いがちです。

ちなみに第三回 MOKSAL感謝DAY 12/12は、日本から矢野特急が上海上陸~

何かが起こる!!!!

MOKSAL to the World!

—————————–

20131031 20131031-2 20131031-3

写真 ※敬称省略 左から右へ
立ち:林(裕)、琵手藻、林(哲)、奥田(裕)、瀬戸、坂梨、道又、伊藤
中腰:西川、GARY、杉谷、奈良、鈴木、井田
撮影:早崎

ご報告:ビブスをMOKSALで購入しました。シースルーの水色6枚です。

第39回

日に日に涼しくなる上海ですが、MOKSALは、まだまだ短パン率が高いですよ!

今回はMOKSAL史上最年長の西川さんにご参加頂きました。お歳とおっしゃるわりに、ボールが足に付いていらっしゃいます。MOKSALは、安全第一で怪我無しをモットーにしています。今後ともご参加よろしくお願いします。

準備運動のあと、ボール回しをした後に、またまた新しいアップに挑戦。

いわゆる鬼ごっこです。ボールを持っている人が鬼(5名)に触られると、鬼と交代になります。最初は1分間でボール一つ、次の1分間はボールを二つ、その次が三つという具合に増やしながら、素早い思考動作を試します。

尚、タイムオーバー時に鬼の人は腕立て10回と体を鍛えられるおまけ付きでした。

前回までのハンドボールゲームがパスをもらう側の人の動きに対し、鬼ごっこはボールを出す人の判断と動きになります。サッカーの場面では相手に囲まれてしまうことがよくあります。相手からのコンタクトを受ける前に、周囲を見渡し、的確なパスを繰り出すと良いでしょう。

最初は混乱すると思いますが、こういう非サッカー的なアップを取り入れたら、ゲームもより楽しいかなと思い、いろいろ挑戦していきます。

その後は、3チーム分けして毎度のようにゲームを楽しみました。比較的に人数が少ない分、運動量が増えて後半は足が止まっていきましたね。

ゲーム中は集中して、いつでもパスをもらうなどの準備が大切です。
わかっちゃいてても、ときどきポカをやらかすもんです…ハイ。

MOKSAL to the World!

—————————–

20131024

写真 ※敬称省略 左から右へ
小川、林、琵手藻、中西、吉村、横尾、奥田、井田、GARY、西川(初)、大川、室田
撮影:早崎

第38回

半袖だとやや肌寒く感じるようになった今日この頃…

でも!!

MOKSALは大盛況開催中!

準備運動で体を動かしたあとは、ハンドボールで心拍数アップ。ボールをもらう側の動きと準備が大事と言うことを、身をもって練習します。

そのあとは3チーム分けでゲーム開始!前半戦は定番の年齢順によるチーム分け。後半戦は出身地分けをしようと試みたもののボーダーラインが曖昧なので関東周辺、近畿周辺、その他ですぱっとチーム分け完了。

これまで、年齢順、生まれ月順(主に春夏秋冬の4チーム時)、血液型順(基本はA,B,Oの3チーム。ABはFA)、出身地順などと即席チーム分けをして来たけれど、そろそろネタ切れ。フットサル大会までMOKSAL残り2回。次回は大会参加メンバーチームを一つ、作ってみたいな、と。

MOKSAL to the World!

—————————–

20131017

写真 ※敬称省略 左から右へ

立ち:琵手藻、木内、大和、奥田、白木、大川
中腰:林、小川、塚本、杉谷
座り:奈良、井田、惣田、道又、GARY(初)、室田
撮影:早崎

第37回 第2回MOKSAL感謝デー

天候不順のここ最近の上海。今日はしかしMOKSALの為に程よい気候。15名にお集まり頂き、高濃度マッサージ理論の惣田さんの指揮の下、準備運動。

そのあとは、いつものボール回しのアップでは無く、いわゆるドリブルの無いバスケット方式で手によるボール回しを試してみました。

(ボール保持者はボールを受け取った場所から動けず、ゴールへのフィニッシュはヘディングのみ、ボールを落としたら相手ボールになるというルール)

ボール保持者はその場から動けないので、味方へのパスコースを選ぶだけになります。周囲の味方はそのパスコースを作るためにスペースへと走ったり、フェイントを入れたりという動きが必要になります。

わずか6分のアップでしたが、白熱し、かなり汗をかきました。この中の動きを足でできるようになると、いいんですがね~。

その後は、6分回しのゲーム形式でさらにドッと汗をかくのでした。初参加の井田さんは日本代表ユニを着るだけあって、動き出しが尋常で無し!

思えば、パワー、スタミナ、スピード、テクニックに決定力と、それぞれに長けた人が入り乱れているMOKSALです。残念ながら、まだその全てを兼ね備えた人の参加はありませんね~(ニヤリ)

MOKSAL to the World!

—————————–

20131010

写真 ※敬称省略 左から右へ

奥手:小川、林、白木、吉村、琵手藻、中西、大和、平澤、坂梨、大川
手前:奥田、井田(初)、横尾、惣田
撮影:早崎